データ復旧サービス

あらゆる障害から情報資産を救出します

データ復旧サービスとは、あらゆるトラブルによってアクセスできなくなったパソコンやサーバからデータを復旧し、お渡しするサービスです。
ハードディスクをはじめ、サーバのRAID修復やCDやDVD、メモリデータ復旧など、データ損失事故が起きた場合に、最も安全かつ確実な方法でデータを復旧いたします。

cs_page11_01.gif
cs_page05_01.gif 国内工場において、経験に基づく「適切な初期対処」により「データの復旧の可能性」を大きく向上させております。
また独自の「データ・イメージ技術」により、短時間で「障害媒体のクローン化」を実現しています。物理的な障害に対しても安易に媒体開封を行わずに、「ヘッド操作、制御技術」によりイメージ取得を可能としています。
cs_page11_02.gif

提供メニュー価格例

障害レベル障害状況参考価格
レベル1
(軽度)
軽度のOS障害、軽度のウィルス障害など
・軽微なOSの障害
・軽微なウイルス障害
98,000円
レベル2
(中度)
ファイル情報の破壊/消失/異常、ウィルス障害、 OS障害など
・ファイルシステムの破損や異常
・OSの障害
・重篤なウイルス障害
・セキュリティ制限のあるデータ
198,000円
レベル3
(重度)
論理的障害で高度な技術と設備を要するもの、時間要するもの
・パーティション情報の損傷
・ブートレコードの損傷
・OSの初期化
・データ削除後の利用
・パーティションのリサイズ
・NAS/Linux/Unix系全般、PC98
・ファイル管理領域の損傷
・暗号化データ
・不良セクタが検知されたもの

物理的障害でハードディスクの著しいハードウェア破損を含むもの
・不良セクタが検知されたもの
・水害、火災などが原因の場合
・ハードディスクが正常なスタンバイ動作を行わない障害
・内部の磁気ディスクがスピンしない障害
・ディスクがBIOSで正常に認識されない障害
298,000円

  • 上記の価格には納品メディア費用を含みます。
  • 復旧対象メディア容量は上限2TBまで(RAID構成のものは除く)とします。
  • 「コンピューターが起動しない症状」の場合でも、論理障害であるとは限りません。ハードディスクの重篤な故障や、プラッターのダメージなど、HDDを稼動させるだけで障害が進行してしまうような物理的障害が発生している場合も、同様に「コンピューターが起動しない症状」となる場合があります。
  • 症状の併発やHDD・データの状態により障害程度は異なる場合があります。