企業情報

会社沿革

昭和45年07月(株)内田洋行グループのハードウェア保守・修理のサービス専門会社として、資本金300万円をもってウチダサービス(株)を設立
昭和47年11月(株)内田洋行グループのソフト開発の専門会社として、神奈川県横浜市に資本金400万円をもって(株)ウチダ・コンピューター・エンジニアリングを設立、(株)内田洋行が販売したUSACシステム、FACOMシステム、SEIKOシステムのサポートおよび開発業務の開始
昭和52年09月(株)ウチダ・コンピューター・エンジニアリングが(株)内田洋行と合弁で、東京都中央区にプログラム製造工場を目的にして、資本金500万円(出資比率72.0%)をもって(株)ウチダ・プログラム・プロダクツ(現、(株)ユーアイ・テクノ・サービス)を設立
昭和55年09月ウチダサービス(株)が、富士通(株)と「電算機および関連機器の保守基本契約」を締結
昭和57年02月(株)ウチダ・コンピューター・エンジニアリングが北海道札幌市のトップ・コンピュータ・システム(株)に出資したうえ、札幌営業所を統合し、(株)北海道コンピュータ・エンジニアリングに商号変更
昭和62年01月ウチダサービス(株)と(株)ウチダ・コンピューター・エンジニアリングが対等合併し、商号をウチダエスコ(株)とする
平成元年03月アップルコンピュータジャパン(株)(現、Apple Japan(同))と「保守サービス委託契約」を締結し、マッキントッシュの保守開始
平成02年02月通産省のシステムサービス企業として登録(平成9年3月26日に再登録)
平成03年11月アップルコンピュータ(株)(現、Apple Japan(同))のMac(パワーブック)修理工場として、千葉県浦安市に資本金1,000万円をもってアーク(株)を設立
平成04年03月コンパック(株)(現、(株)日本HP)と「保守・保証サービス店契約」を締結し、コンパック製パソコンの保守開始
平成07年06月日本ヒューレット・パッカード(株)(現、(株)日本HP)と「保守サービス業務委託基本契約」を締結し、各種プリンタの委託修理開始
平成09年01月ピクチャーテル(株)(現、ポリコムジャパン(株))と「保守サービス等基本契約」を締結し、テレビ会議システムの保守開始
平成09年03月エプソン販売(株)と「業務委託基本契約」を締結し、EPSON製プリンタの保守開始
平成10年03月日本証券業協会に株式を店頭登録
平成10年07月千葉県浦安市に事業用地取得、東京支社を設置
平成12年04月業務委託会社として千葉県浦安市に資本金1,000万円をもって(株)エスコ・アシストを設立
平成12年11月本社・新川事業所を東京都江東区に移転し、本社・東京事業所を設置
平成15年11月本社・東京支社において「ISO 14001」の認証を取得
※現在の認証範囲はオフィスシステム事業部(本社)
平成16年05月プライバシーマークの使用許諾を取得
平成16年07月東京支社内にお客さま向けヘルプデスクの機能を担うE-BOSセンターを開設
平成16年12月日本証券業協会への店頭登録を取り消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場
平成17年07月東京支社において「ISMS認証基準(Ver.2.0)」および「BS7799:PART2:2002」の認証を取得
平成22年04月ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所JASDAQ市場に上場
平成25年01月グループ経営基盤の強化および間接部門の集約化による経営効率の向上を目的に連結子会社(株)ユーアイ・テクノ・サービスと(株)エスコ・アシストを合併(存続会社を(株)ユーアイ・テクノ・サービス)
平成25年03月本社および東京事業所を江東区佐賀から江東区木場に移転
平成25年07月現物市場の東京証券取引所への統合に伴い、東京証券取引所JASDAQ市場に上場
平成26年08月船橋キッティングセンターを千葉県船橋市潮見町に開設
平成28年08月VAIO(株)と「業務委託基本契約書」を締結し、VAIO法人向けPCオンサイトサービスを開始
平成29年09月日本マイクロソフト(株)と「サービスプロバイダー契約」を締結し、Surfaceオンサイト保証パックを販売開始
平成30年01月日野キッティングセンターを東京都日野市に開設
令和02年01月船橋キッティングセンターを千葉県船橋市浜町に移転し、浦安テクニカルセンター(PCリペアセンター)の機能も統合した「ESCO 船橋-BaySite」を開設