契約管理システム

契約管理業務の決定版

契約管理システムは、市町村における契約や入札に関する効率化をめざし、業者登録から案件入力、業者選定、検査処理、また統計業務までの契約事務全般をスムーズに管理支援します。 インターネット上での情報公開や電子入札にも対応でき、契約管理業務をトータルサポートしたします。

概要

特長

契約業務の流れに沿った構成

業者登録から契約案件の入力、執行、契約、検査、統計に至るまで時系列に構成しています。

多様な入札形態に対応

一般競争入札、指名競争入札、随意契約、公募型などに対応しています。(総合評価方式対応済み)

業者選定の自動化(公平性)

契約実績、資格制限、技術者名簿、地域性などを加味し、選定条件を満たす業者を自動的に選びます。

一括格付け機能

業者登録の内容に基づき、市町村独自のルール設定により格付け判定を自動的に一括で行えます。

厳重なチェック機能

技術者の重複任命チェック、手持ち工事限度額チェックなど煩雑な作業を自動的に行います。

拡張機能の充実

電子申請、電子入札、情報公開、自動FAX送信など拡張性が充実しています。

管理の利便性を考慮

操作性およびシステム管理者の維持管理を考慮し、インターフェイスにWeb方式を採用しています。

※一部オプション機能を含んでおります

システムの体系