おもてなし規格認証

おもてなし規格認証を取得しました。

おもてなし規格認証とは、経済産業省が2016年8月に創設し、
国内のサービス業事業者のサービス品質を「見える化」することにより、
サービス産業の活性化・生産性向上及び地域の活性化を目的とした認証制度です。

当社はおもてなし規格認証制度の中で、お客さまの期待を超えるサービスを提供し、
設備面や非属人的サービスにおいて一定品質を保つ事業者に付与される「金認証☆」を取得しました。

審査認証種類金認証☆(確認項目15)
顧客種類国内向け
対象従業員数635名(パートタイマーなど含む)
業種サービス業(他に分類されるものを除く)
事業体系単独

審査評価

規格の確認項目について実施状況を説明され、7つの基幹プロセスのPDCAが廻っていることを確認した。
(経営理念)お客様と仲間を幸せにする。(企業理念)働く場、学ぶ場へ「心のこもったおもてなし」を提供し社会に貢献する。
この理念に沿って「ネットワーク総合サービス」「ソリューションサービス」「オフィスシステムサービス」「トータル保守サービス」を「心のこもったおもてなし」で提供している。
まさに、おもてなし規格認証に沿った具体的な活動を基本として進めている。
50周年記念誌でこれからのCXを中心とした活動を展開している。

他社より更に工夫したおもてなしに関するコトづくりの確認

システム設計、構築、メンテナンスといった業務は、ユーザー側の要求に左右されがちだが、企業理念にもあるように「心のこもったおもてなし」の精神から、ユーザー側に立った「顧客体験価値CXの創造」などを提案し、ユーザーからの信頼につながっている。
この中で、おもてなし表彰はユニークで更に従業員と顧客との良い関係につながる展開をしている。
また、CE(カスタマエンジニア)が「ケアするのは機械でなく、お客さまの心」で展開している。