コーポレートサイト

TOP

製品機能

料金

事例

よくあるご質問

☎03-6670-3661

受付時間 (土・日・祝日除く)
9:00~12:00、13:00~17:00

お問い合わせ・資料請求

RPAとは

一般的なRPAとは

RPA(Robotic Process Automation) とは、ホワイトカラーの単純な定型業務を自動化するテクノロジーのことです。デジタルワークフォース、デジタルレイバー、仮想知的労働者などとも呼ばれます。RPAは、ヒトが行っていた単純作業やルーチン作業をソフトウェアロボットにより代行、単純な定型業務の自動化により生産性を劇的に向上させることができます。またソフトウェアの労働時間は無制限であるため、作業内容を設定しておけば継続してロボットに作業をさせることが可能になります。

RPAの強み

RPAツールは、ルーチンワークを人間の何倍もの速さで処理できる

安定した業務品質で入力ミスがない

24時間、不平不満を言わずに働き続ける

RPAのメリット

人手不足や属人化を解消できる 業務生産性の向上を実践できる

残業時間の減少で、長時間労働を抑止できる

プログラムの知識が不要なため、誰でも活用できる

RPAで可能となる作業

入力・登録

アップロード
/ダウンロード

検索・抽出

ファイル操作・圧縮

データ集計・加工

メール送受信

Web操作・読取

データベースの読書き

RPAの活用領域

オフィスにおける
マニュアルワークの自動化

  • データ検索・入力の自動化
  • メール送信の自動化
  • システム監視を行い、レポーティングを自動化する…等

データ入力及びシステム間の
データ連携

  • EXCEL・CSVからのマスターデータの登録
  • 基幹システムからEXCEL及びCSV等でデータを取得し会計システムに仕訳を入力する…等

インターネット上のサイトに
対するクローリング、監視

  • 競合製品の価格調査を行う
  • Webからの様々な情報取集を行う…等

手書きの申請書からシステム
への自動登録

  • OCRソフトと連携し定型フォームのFAXや紙、PDFからのデータを電子化し社内システムへ取込む

RPA導入の背景

厚生労働省では「働き方改革」による下記課題の解決を目指しています。(参考:厚生労働省 「働き方改革」の実現に向けて)

我が国の状況

我が国における重要な課題

働き方改革

  • 少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少
  • 育児や介護との両立など、働く方のニーズの多様化
  • 投資やイノベーションによる生産性向上とともに、就業機会の拡大や意欲・能力を存分に発揮できる環境を作ること
  • 長時間労働の是正
  • 雇用形態にかかわらない公正な待遇の確保
  • その他(労働生産性向上など)

「長時間労働の是正」と「労働生産性の向上」は喫緊の課題となっています。

この課題解決のため、RPAツールの導入は必要となります。

RPAツール『EzAvater』が選ばれる理由

徹底比較表

国産RPAツールA

海外RPAツールB

ロボット作成の簡単さ

技術者向け機能

サポート体制

エラー発生頻度

導入難易度

年間ライセンス

EzAvater(イージーアバターの特性)

国産RPAツールAの特性

海外RPAツールBの特性

業界ナンバーワンの支援体制で導入から実際の運用まで自社だけで行うことが可能。
ロボット作成の汎用性も高く機能面も充実している。

初心者向けの支援にも重点を置いているものの、料金はやや高めでエラー発生頻度など機能面に課題が残るケースも。

機能面は充実しているが開発には専門知識が必要。別途、開発ベンダーや導入コンサルタントと契約して導入を行う。