コーポレートサイト

やるべき業務はもっと付加価値の高いところに。
業務の効率化で働き方は変わる。

だれでも作れる、かんたんロボット。

定型業務は操作の自動化で効率的に。

働き方を考える、見直す時代が当たり前になってきた昨今。
これまでヒトが行ってきた定型作業をソフトウェアロボットが代行、
定型業務の効率化・自動化を図る『RPA』の活用が必要となります。

「EzAvater(イージーアバター)」 は、
誰でもかんたんにロボット作成、運用、保守が可能なRPAツールです。
万が一、お困りごとがあっても業界No.1のサポート体制でお客様を支援。
かんたんロボット作成できるEzAvaterだから、導入されるお客様の多くは「非IT部門」。

定型業務はEzAvater(ロボット)に任せ、
マンパワーをより付加価値の高い業務へシフトすることが可能です。

まずは相談してみる。

こんなお悩みはお持ちではないですか?

RPAを導入したが、設定が難しく活用できない

操作と操作の間のインターバル設定が必要

ロボットがシステム起動を待たずに操作してしまい、エラーとなる

画像認識制度が悪く、画像認識できずにロボットが止まる

エラーで停止したとしても通知してくれない

実行専用ロボットで設定変更が全くできない

ウチダエスコではお客様のご都合に合わせて
『個別相談』『体験セミナー』『説明会』をいたします。


EzAvaterの4つの特徴と実現できる効果

特徴1

POINT.01

専門知識や専門スタッフ不要
誰でもかんたん作成

EzAvaterは技術的な知識や専門スタッフが一切不要で導入できる国産RPAツールです。だれでも簡単に自力でロボットの作成が可能で運用時に悩むことはありません。 また、シナリオサンプルやお役立ち動画をご覧いただける公式会員専門サポートサイトもご用意しております。

特徴3

POINT.03

導入後の管理もお手軽
高い保守性を実現

ロボットの作成後も、管理に時間を割かれてしまっては意味がありません。 EzAvaterは導入後の管理も非常に簡単で、高い保守性を実現しているので、無駄な工数が割かれることなく高い安定性を発揮します。

特徴2

POINT.02

業界No.1の徹底したサポート体制
導入前の検討段階から継続支援

導入前の検討段階から運用開始後まで、徹底したサポートを行っております。 無料でトライアルシナリオの提供や体験セミナーなど、まずは触れて体感していただくことを徹底しています。 またヘルプデスク(有償)もございますので社内に情報系の部署がなくても全く問題ありません。

特徴4

POINT.04

エラー発生時も即時通知、
エラー内容も明確で問題解決

エラーに気づかない・特定しにくいというお悩みは、EzAvaterにはありません。 EzAvaterは即時通知でエラー内容も明確なので、すぐに問題を解決できます。 デスクトップへの通知ではなく、画面キャプチャ付きのメール通知であるため、常に画面をチェックしておく必要もありません。

EzAvaterの導入で実現できる効果

定型業務の工数削減による
生産性向上

ヒトが行う定型業務をロボットに代行させることで、ヒトの工数削減が可能です。 そのため、高い付加価値を創出する業務にマンパワーをシフトでき、生産性向上を実現できます。

ミス・不正の防止による
作業品質向上

ロボットが高速かつ正確に定型業務を実行することで、入力ミスや認識ミス、情報管理ミスなどのヒューマンエラーや不正を防止。 作業の生産性および品質の向上を実現します。

ツールライセンス費用のみで
システム投資の削減

EzAvaterはツールライセンス費用のみでお使いいただけます。 よって従来のRPA導入にかかるロボット開発費やコンサル費用がかからず、システム投資を大幅に削減可能となります。


EzAvaterの活用事例

【活用事例①】指定請求書のRPA化

現状、各工場の取引先に指定請求書を提出しなければならない取引先が多く、締日毎に手書きで請求書を作成しており時間が掛かっている。
それらを基幹システムで対応するにはコストが掛かりすぎる。

Before
事例1before

●ヒトが指定請求書データをCSV出力
●取引先ごとに複数のCSVデータをヒトが出力しなければならない

After
事例1after

●ロボットが複数の取引の指定請求書を一度に作成
●ヒトが行うのは、印刷だけ。
(取引先によってフォーマットが違うため)

導入効果として:2時間かかっていた業務が5分に短縮

●担当者がEXCELで行っていた集計処理をロボット化したため、間違いがなくなった。

●担当者が手書きで転記していたため、発生していた転記ミスがなくなった。

【活用事例②】納品伝票のシステム入力をRPA化

現状、各業者から受領する紙媒体の納品伝票を担当者(ヒト)が見て、ヒトがシステムへの入力を行っていた。
納品伝票の数が多く、ヒトが処理するため、見間違いや入力ミスによる誤入力が発生していた。

Before
事例2before

●紙媒体の納品書をヒトがシステムへデータ入力
●ヒトが入力するため、作業工数が大きくかかり、
 ヒューマンエラーが発生しやすい

After
事例2after

●スキャナー・OCRによりデータ化、ロボットに連携
●ヒトが行うのは、OCRの読取結果を確認・修正のみ
●修正結果をあとはロボットが基幹システムへ入力

導入効果として:ヒトが行う作業工数が削減。見間違いや入力ミスが格段に減った。

●人が実施していた入力作業をロボットが行うため、作業工数が大きく削減できた。

●紙媒体の納品伝票をOCRによりデータ化し、さらにヒトによるチェックで正確性が増した。

お困りごとやご質問はお気軽に。

RPAに関するお困りごとやご質問、資料請求はウチダエスコまでお気軽にご連絡ください。


EzAvaterの導入支援サービス

テレフォン操作支援

テレフォン操作支援

お電話で操作説明・シナリオ作りのコツを伝授させて頂きます。

リモートオンライン操作支援

リモートオンライン操作支援

遠隔にてEzAvater を操作・画面共有によりサポート致します。

シナリオ作成情報提供支援

シナリオ作成情報提供支援

サンプルシナリオをご提供可能。こちらを利用しシナリオ作りに活用できます。

公式会員専用サポートサイト

公式会員専用サポートサイト

導入後にサポートサイトへのアカウントを付与。 サイト内ではサンプルシナリオやお役立ち動画、FAQなどご覧いただけます。


EzAvaterの製品ライセンスとサーバ

EzAvaterのライセンスは、PC1台につき1ライセンスとなります。ライセンスがPCと紐づけられています。
ロボット作成・実行が可能な「フル機能ロボット」と、フル機能ロボットで作成したロボットをコピーして利用する、ロボット実行に特化した「実行専用ロボット」の2種類のライセンスをご用意しています。
また、ロボットを集中管理できる「管理サーバ」もご用意しています。
※最小構成はフル機能ロボット1ライセンスとなります。

実行専用ロゴ

ロボットの実行作業に特化した
ライセンス

● 作成したロボットを実行することができる
● 画像の再取得など簡単な修正が行える
● ロボットの実行をスケジュールできる
● エラー通知が行える

フル機能ロゴ

ロボットの作成作業、実行作業が
できるライセンス

● ロボットを作成することができる
● 作成したロボットを実行することができる
● ロボットの実行をスケジュールできる
● エラー通知が行える

ロボット管理サーバロゴ

フル機能ロボットと実行専用ロボットを
一元管理することができるサーバ

● ロボットの稼働状況を把握できる
● ロボットに対する各種命令ができる
● ロボットに対する操作制限ができる
● ロボットの情報収集ができる

お困りごとやご質問はお気軽に。

RPAに関するお困りごとやご質問、資料請求はウチダエスコまでお気軽にご連絡ください。
個別相談やEzAvater体験セミナー、説明会もお客様のご都合にあわせて開催できます。


お知らせ

2020年11月25日

サイトリニューアル

2020年02月25日

新型コロナウイルス感染拡大の影響によるセミナー中止のお知らせ

2019年09月10日

RPAツール「EzAvater」2019年9月24日受付開始