コーポレートサイト

サービス・製品機能

3つのステップを繰り返すだけ。

それだけでかんたんにロボットが完成

EzAvater(イージーアバター)は、①メニュから操作アイコンを選択、②操作対象をデスクトップ上で囲む、③あとはロボットに
実行させる(実行登録ボタンを押す)という3ステップを繰り返していくだけで完成できるRPAツールです。

かんたんにロボットが作成できますので、特別な専門知識や専門のスタッフが不要でどなたでもご使用いただけます。

EzAvaterを導入することで、日々の単調な業務に追われる必要がなくなり、より生産的な新しい時間が生まれます。
ただ、目の前の仕事や業務に関わるストレスが減るということだけではなく、新たな取り組みが可能になるため、
一人一人の能力向上やスキルアップの機会も創出できます。
全体として仕事への意欲が高まりモチベーションアップにもつながります。

step1

メニューから操作アイコンをクリックする(ダブルクリックなど)

step2

操作対象をデスクトップ上で囲む(画像認識技術)

step3

ロボットに実行させる

STEP.1へ

3つのステップを繰り返す

まずは無料体験してみませんか

RPAの導入に不安はありませんか?EzAvaterなら、ご契約前に無料体験(ハンズオン)で、運用できるように操作を練習頂けます。

使い方もしっかりとサポートしております。納得するまでツールに触れていただき、実際にロボットを作成して効果を体験した上でご契約ください

※ご契約後もレベルに応じた無料ハンズオンも実施しております!


EzAvaterの主な機能

※クリックすると、それぞれの詳細説明をご覧頂けます。EzAvaterは、かんたんな業務から複雑な業務まで対応可能です。

画像認識
>
マウス操作
/キーボード操作
>
IEオブジェクト
認識
>
Excel
オブジェクト認識
>
Excelデータ入力
自動化テンプレート
>
繰り返し処理
>
条件分岐処理
>
エラー処理
>
エラー通知
>
関数/変数
>
パスワード入力
文字の暗号化
>
メール送信
>
画面キャプチャ
>
操作ガイド
>
サポートサイト
>
ファイル
/フォルダ操作
>
文字貼り付け
>
スケジュール実行
>
ダミー
>
ダミー
>
 
画像認識
国産独自の画像認識エンジンを利用し画面上の画像を記憶させてマッチしているかを正確に判断して動作させることができます。簡単にロボットを作成する為のメイン機能になります。

閉じる×

マウス操作・キーボード操作
実際に人間が行う操作と全く同じ動きをロボットに実行させることができます。マウス操作、キーボード操作が簡単に画面上の任意の箇所で再現することができるため多くのアプリケーションで自動化が実現できます。

閉じる×

IE オブジェクト認識
internet explorer上の項目をプログラム的に認識しているため、ウェブページのデザインに変更があった際も内部構造が変わらない限り識別することができます。また、プログラムに対してロボットが直接働きかけるので高速処理が実現できます。

閉じる×

Excel オブジェクト認識
ロボットがExcelのアプリケーションに対して直接命令を送ることによって、Excelの機能を使うことができるようになり、高速、安定稼働ができるようになります。 特別な知識は必要ありません。

閉じる×

Excel データ入力自動化テンプレート
Excelに対してデータ入力を繰り返し行うロボットの作成を補助します。テンプレートを自動で作成するため、必要な箇所を埋めていただくだけでロボットが完成します。プログラミングの知識が無くても簡単にロボットの作成ができます。

閉じる×

繰り返し処理
同じ処理を複数回繰り返す機能。何度も繰り返す作業を効率的に自動化できます。 条件分岐処理と組み合わせて使うことで、繰り返し処理の中でも一部動作を変更させるといった使い方ができます。

閉じる×

条件分岐処理
「もし~ならば~」という形式で、ある条件が満たされている場合に実行する処理と、満たされていない場合に実行する処理に分岐させることができます。 100,000円以上の場合は確認のメールを送信するといったことができます。

閉じる×

エラー処理
エラーが起きた際にロボットに別の処理を実行させることができます。 管理者にメール送信をしてエラーを検知したり、エラーの復旧処理を設定することができます。

閉じる×

エラー通知
エラーを知らせる機能が標準搭載しているためオプション等の購入なしで通知が設定できます。担当者はロボットが停止していないか都度チェックする必要がなくなります。

閉じる×

関数・変数
使用する文字や数値を変数に保存して再利用する事ができます。また、関数によって値のフォーマット変換することや、本日の日付等を取得することができます、関数は今後も追加されていきます。

閉じる×

パスワード入力文字の暗号化
設定した文字列をパスワードとして暗号化して登録します。ロボットの作成画面からもパスワードが特定されません。

閉じる×

メール送信
指定したメッセージやログ内容、画面キャプチャを任意の宛先に送信することができます。変数を利用して宛先ごとにメール文章を変更して送信することも出来ます。

閉じる×

画面キャプチャ
現在の画面を静止画像として保存することができます、エラー検知時の状態保存や、EzAvater動作のエビデンスとして画像を保存しておくことができます。

閉じる×

操作ガイド
初心者の方でも順番に操作を行うことで簡単なロボットを作れるようにチュートリアルが用意されています。

閉じる×

サポートサイト
EzAvaterの公式会員専用サポートサイト。ソフトウェアのダウンロード、サンプルシナリオファイルのダウンロード、ドキュメントのダウンロード、FAQの閲覧ができます。

閉じる×

ファイル・フォルダ操作
ファイルやフォルダに対する移動や名前変更等の処理を行うことができます、パソコン上に保存しているファイルを定期的にサーバーに移動したり、担当者ごとに振り分けすることができます。

閉じる×

文字貼り付け
日本語文字変換などキーボード操作だけでは難しい文字列を登録しておき、任意の場所に張り付けることができます。 変数を利用して条件分岐で張り付ける内容を変更することも出来ます。

閉じる×

スケジュール実行
EzAvaterの基本機能で実行スケジュールを自由に設定することができます。 毎月20日だけ実行、毎週月曜日と水曜日に実行等が簡単に行え、出力されるログによって実行状況を確認することができます。

閉じる×


EzAvaterの製品ライセンスとサーバ

EzAvaterのライセンスは、PC1台につき1ライセンスとなります。ライセンスがPCと紐づけられています。
ロボット作成・実行が可能な「フル機能ロボット」と、フル機能ロボットで作成したロボットをコピーして利用する、ロボット実行に特化した「実行専用ロボット」の2種類のライセンスをご用意しています。
また、ロボットを集中管理できる「管理サーバ」もご用意しています。
※最小構成はフル機能ロボット1ライセンスとなります。

実行専用ロゴ

ロボットの実行作業に特化した
ライセンス

● 作成したロボットを実行することができる
● 画像の再取得など簡単な修正が行える
● ロボットの実行をスケジュールできる
● エラー通知が行える

フル機能ロゴ

ロボットの作成作業、実行作業が
できるライセンス

● ロボットを作成することができる
● 作成したロボットを実行することができる
● ロボットの実行をスケジュールできる
● エラー通知が行える

ロボット管理サーバロゴ

フル機能ロボットと実行専用ロボットを
一元管理することができるサーバ

● ロボットの稼働状況を把握できる
● ロボットに対する各種命令ができる
● ロボットに対する操作制限ができる
● ロボットの情報収集ができる


EzAvaterのライセンス料金と必要スペック

実行専用ロボット

フル機能ロボット

ロボット管理サーバ

利用期間

1年間

1年間

1年間

価格(年あたり)

200,000

750,000

お問い合わせください。

必要スペック

●CPU:Intel Core i3 相当以上

●メモリ:4GB以上

●HDD:5GB以上の空き容量

※実行する操作シナリオがCPUやメモリを必要とする操作の場合は上記以上のスペックが必要となります。

●CPU:Intel Core i3 相当以上

●メモリ:4GB以上

●HDD:5GB以上の空き容量

※実行する操作シナリオがCPUやメモリを必要とする操作の場合は上記以上のスペックが必要となります。

●CPU:Intel Core i5 3.1GHz 相当以上

(64bitプロセッサ)

●メモリ:8GB以上

●HDD:64GB以上の空き容量

※上記は、ロボットを15台管理する際の必要なスペックとなります。16台以上のロボットを管理する場合には、別途必要スペックをサイジングいたしますので、弊社までお問い合わせください。

対応OS

●Windows 8.1

●Windows 10

●Windows 2012R2

●Windows 2016

●Windows 8.1

●Windows 10

●Windows 2012R2

●Windows 2016

●Windows 8.1

●Windows 10

●Windows 2012R2

●Windows 2016

※クライアントOS(Windows8.1,10)でロボット管理サーバを構築する場合の管理台数は15台までとなります。

ディスプレイ解像度

●1280×1024以上

●1280×1024以上

●1280×1024以上

まずは相談してみる。

こんなお悩みはお持ちではないですか?

RPAを導入したが、設定が難しく活用できない

操作と操作の間のインターバル設定が必要

ロボットがシステム起動を待たずに操作してしまい、エラーとなる

画像認識制度が悪く、画像認識できずにロボットが止まる

エラーで停止したとしても通知してくれない

実行専用ロボットで設定変更が全くできない

ウチダエスコではお客様のご都合に合わせて
『個別相談』『体験セミナー』『説明会』をいたします。

お困りごとやご質問はお気軽に。

RPAに関するお困りごとやご質問、資料請求はウチダエスコまでお気軽にご連絡ください。