スーパーカクテル デュオ FOODs

食品製造業(加工業)・食品卸向け統合型ERPパッケージ/基幹業務システム

システムの特長

食品業を取り巻く厳しい環境の今、このような課題はありませんか?

  • 効果的な生産・販売計画が立てられず、在庫のロスや販売機会の損失に悩んでいる。
  • 新商品をいくらで売れば利益がでるのかわからない。
  • 与信限度管理の徹底で、取引上のリスクを回避したい。
  • お客様からの問合せに迅速に回答できるトレーサビリティシステムが欲しい。

食品業向けERPパッケージ 「スーパーカクテルデュオFOODs」 で課題を解決!

調達から生産、販売まで一元管理を実現。食品製造業・加工業、卸業など、食品を扱う企業の業務に特化したERPパッケージです。複雑化する顧客ニーズへの対応、業務品質の向上、コスト削減、食の安心・安全など、課題解決を支援します。 また、継続的な業務改善が行えるように、各部門における計画立案から実績評価までを可視化。PDCAサイクルの確立をバックアップします。 業務単位での導入、カスタマイズ、外部システムとの連携も柔軟に行え、規模を問わず幅広いお客様にご導入いただけます。


「スーパーカクテルデュオFOODs」の特長

食品業界の商慣習に対応

賞味期限管理や店舗・帳合先管理、トレーサビリティなど、食品業界特有の商慣習に対応。短期間・低コストでのシステム導入が可能です。

販売管理・生産管理・原価管理を包括

調達から生産、販売までの業務を統合。製販一体の計画策定が可能です。現場の判断力を高め、売上機会の損失や過剰在庫によるロスを防止します。

業務単位での段階的な導入が可能

統合版だけでなく、「生産」「販売」などの業務単位でも導入できます。既存システムとの連携や段階的な導入が可能、お客様のご予算・ご要望に合わせて柔軟に対応します。

システムの概要

御社の業務にフィットしやすいシステム

スーパーカクテル デュオFOODs は、業務単位での導入、カスタマイズ、外部システムとの連携などを柔軟に行えます。短期間・低コストで御社の業務モデルにフィットしたシステムの構築が可能で、業務の変化にあわせた拡張性も備えています。モノの流れと情報の流れを一致させ、現場の判断力を高めます。

機能のご紹介

多彩な機能のご紹介

調達から生産、販売まで、すべての業務を一元管理。食品業界に特有の商慣習や取引形態に対応した使いやすい機能を標準でご用意しています。管理レベルや業務運用にあわせた導入で、着実に効果を発揮します。

販売管理

食品業界の商慣習に対応
EOSやEDI受注、直送受注、取り寄せ受注など、さまざまな受注形態に対応。得意先は、請求先や納品先、店舗などの階層ごとに管理でき、帳合先の設定も可能です。また、荷姿別・期間別の契約単価、特売単価の設定も柔軟に行えます。
出荷ロットの逆転防止や鮮度保証の要求に対応
得意先別・商品別の消費期限管理、ロット逆転防止や単一ロット指定など、取引条件に応じてピッキング処理を行えます。顧客ニーズに対応し、得意先との信頼構築を支援します。
債権の管理水準向上で、健全な取引をサポート
受注入力する際に与信限度と債権残高をチェックし、限度額を超えた債権の発生を未然に防止。また、滞留債権の年齢を確認でき、健全な債権回収を支援します。

生産管理

確定・見込での生産計画や計画変更にも柔軟に対応
得意先からの注文変更や営業部門からの納期短縮要望など、生産計画の変更にも柔軟に対応。生産計画はExcelで取り込み製造指示が行えます。また、見込の生産計画をもとに原材料の所要量を算出できます。
多階層構成と版数管理に対応したレシピ管理
製品構成マスタ(レシピ)は、階層管理・版数管理・使用期限の設定が可能。構成品が半製品の場合はさらに下位に構成を登録でき、版数は999版ま履歴管理できます。
食の安心・安全をバックアップ
バックトレース、フォワードトレースを装備しており、食の安心・安全をバックアップ。顧客からの突然の問合せ、万が一の場合でも迅速に対応できます。

在庫管理

原材料から中間品・製品まで在庫を一元管理
製造時の原材料在庫払い出しや製品在庫の増加などリアルタイムに把握でき、製版一体の在庫計画を実現。製品の生い立ち管理や、出荷先の検索など、食品トレーサビリティを支援します。
機会損失を防止し、ムダのない在庫管理を実現
受注残・発注残・払出予定・製造予定を加味して、未来在庫を予測。在庫不足による販売機会損失を防ぎます。また、賞味期限切れ管理による在庫ロス防止や、不動在庫の適正化など支援します。

原価管理

運用状況に応じた原価計算が可能
原価(経費・労務費・原材料費など)の按分基準は、管理レベルや運用状況にあわせて、標準工数、実際工数、製品出来高から選択できます。
多彩な統計資料を標準で装備
予定原価と実際原価を比較できる「製品実績比較表」など多彩な統計資料を標準で装備。計画に対する製造数や歩留率などチェックでき、PDCAサイクルの確立を支援します。
優れたシミュレーション機能
過年度の実績や計画をベースに、変動値(原料価格の上昇など)を設定して、原価・収益に与える影響を分析。環境の変化にスピーディに対応し、迅速で的確な経営判断を支援します。
【原価シミュレーションの活用例】
・新製品開発時の売上単価・予定原価の算定
・原料価格変動を考慮した売上単価の再検討
・損益分岐点分析により「どの製品をいくつ売るか」といった販売計画の策定

内部統制・システム共通機能

業務品質を高める内部統制機能
ログインIDの設定はもちろん、ユーザーごとの利用権限をきめ細やかく設定でき、セキュリティ対策に有効。また、入力ミスを検知するための「伝票検索機能」を備えています。
全帳票のペーパレス化と2次加工を支援
すべての帳票はプレビュー表示およびPDF出力が可能。また、必要な項目だけを EXCEL や XML 形式にデータ抽出して2次加工も簡単に行えます。
効率的な運用を総合的にサポート
マウスレスで使いやすい操作性、豊富な検索機能など、日々の業務を効率化。桁数、計上基準など、自社の運用基準にあわせたシステム設定も可能です。