スーパーカクテルCore FOODs原価

食品業の業務プロセス改革と生産性向上を支援する原価管理システム

食品業のお客さまへ、
原価管理において、このような課題はありませんか?

  • どの製品がどのくらいの利益を出しているのか知りたい
  • 新製品の販売単価や販売計画を決定するための根拠が欲しい
  • 売上金額目標から、適正な生産数をシミュレーションしたい
  • 製造原価削減のための対策を検討したい

「スーパーカクテルCore FOODs原価」の3つの特長

運用に合わせた原価計算と原価見直しを効率化

原材料費だけでなく経費や労務費などを加味した、正確な商品別原価を把握できます。原価の按分基準は、お客様の管理レベルや運用状況にあわせて、標準工数、実際工数、製品出来高から選択できます。

詳しく見る

食品製造における標準原価の見直し支援

予定原価と実際原価を比較する「製品実績比較表」などさまざまな統計資料を標準でご用意しております。また各種帳票から原価差異を確認し、改定情報をExcelから取り込むことができます。

詳しく見る

原価シミュレーションで食品業の経営判断を支援

原価の変動要因(リスク)を設定し、収益性や損益分岐点を試算するシミュレーション機能により、迅速で的確な経営判断を支援します。

詳しく見る

機能のご紹介

管理レベルや業務運用に合わせた導入で、着実に効果を発揮!
食品業界に特有の商慣習や取引形態を熟知した内田洋行だからこそ、
使いやすい機能を標準で利用いただけるシステムをご提供しています。
ここでは、その豊富な機能の一部をご紹介しています。


運用に合わせた原価計算が可能

  • 原価(経費・労務費・原材料費など)の按分基準は、管理レベルや運用状況に合わせて、標準工数、実際工数、製品出来高(重量比)から選択可能
  • 累加方式に加え、非累加方式の原価計算も可能。各工程ごとに原価要素別の実際原価を算出し、多角的分析を支援

食品製造における標準原価の見直し支援

  • 実際の原価を計算し原価差異を確認
  • 標準原価の改定情報を取り込み、商品マスタを更新
  • スピーディーな現状把握、原価見直しが可能
  • 予定原価と実際原価を比較できる「製品実績比較表」など、多彩な統計資料を標準で装備

原価シミュレーション機能で、経営判断を支援

  • 価格変動、ラインの変更など、製造原価における構成要素の変動要因(リスク)を予測
  • 原価・収益への影響度を分析することで、新製品の売価決定等、迅速な経営判断を支援

システム構成

仕入れから販売までお客さまの業務モデルに合わせたシステムを構築。
カスタマイズ、外部システムとの連携など柔軟性に優れ、業務の変化にあわせた拡張性も備えています。