クラウド型間接材調達支援サービス

社内備品購入のコスト削減ソリューション

調達コストの考え方

間接材調達で担うコスト削減とは

間接材支出の一元管理によって、調達コスト全体に潜む問題点を明らかにして、購入コスト・業務コストの両方を削減することが可能となります。

間接材調達の目指すべき姿

調達業務の一元化と、 業務プロセスの改善支出の見える化により調達コストの削減と業務効率化の両立による調達業務全体の最適化を目指します。

間接材調達で想定できる課題

課題を解決する最適化実現10のポイント

課題

品目や拠点ごとに様々な調達手段、仕入先が存在しており全調達の見える化ができず、コスト削減の対策がとりにくい

Point1 発注代行サービス

購入コストの削減 

お客様固有の商品も含め、登録・購入を行い
支出の見える化により、コスト削減の焦点を明確化

課題

社内のルールに沿った承認、決裁の上で調達が実施されていないことや、事後承認が発生しており
調達業務の統制と効率化が必要
※コンプライアンス強化、内部統制の充実

Point2 申請・承認による統制

購入コストの削減 

承認対象の発注は漏れなく購入内容をチェックし
無駄な支出を抑制する

課題

実績が見えず隙間業務であるためコスト意識があまりなく
購入コストの統制が必要

Point3 予算・実績の管理

購入コストの削減 

購入予算の導入及び予算・実績管理により
コスト意識を高め、購入量の削減を実現

課題

同じ品目でも発注担当者によって商品の選択が異なり、品質や価格にバラつきが発生しており
購入品目の統制が必要

Point4 お客様専用カタログ

購入コストの削減 

購入する商品を社内で統一することで
商品の「質」の均一化により、購入コストを抑制

課題

見積取得にはじまるスポット調達が多く、工数削減や統制の余地があり
スポット調達の効率化と統制が必要

Point5 見積取次サービス

業務コストの削減 

見積依頼~回答までの業務プロセスを電子化し
スポット調達の業務工数削減と業務統制を行う

課題

自社で在庫している販促品や専用帳票等の正確な
在庫数量の適正化と在庫管理業務の効率化が必要

Point6 在庫入出荷機能

購入コストの削減 業務コストの削減 

属人化しがちなオペレーションを標準化することで
業務効率化と適正在庫実現による購入コストの抑制

課題

「通信費」「修繕費」などといった使用実績に基づいて支払う
発注を伴わない支出の管理が必要

Point7 実績入力

購入コストの削減 業務コストの削減 

実績に基づいて支払うサービス系支出も含め管理することで
全支出を監視し、無駄な支出を抑制

課題

購入申請書と請求書の突合確認や支払業務に工数がかかっており、
支払業務の効率化が必要

Point8 支払業務代行サービス

業務コストの削減 

複数のお取引先へのお振込を代行させていただくことで
支払業務に伴う業務を効率化

課題

一時的なコスト削減活動ではなく、継続的なコスト削減活動を行うために
支出の実績分析が必要

Point9 予実一元管理レポート

購入コストの削減 業務コストの削減 

様々な切り口による管理レポートで
コスト削減アクションに繋げられる

課題

調達システム導入には開発費用・期間が掛かるため、
安価で短期間での導入が出来る仕組みが必要

Point10 クラウド型サービス提供

サービス導入コストの削減 

クラウド型サービス提供のため
リスクなく短期間での導入可能

1 2 3 4