Mac修理サービス
Apple純正部品を使い、メーカー修理と同等な技術・サービスをご提供

Macの修理は29年の実績を持つウチダエスコにおまかせください。Apple純正部品を使用して、メーカー修理と同等な技術・サービスをご提供いたします。メーカー保証期間内(購入日から1年間、AppleCare Protection Plan加入で購入日から3年間)であれば、メーカーの修理規約に準じて無償で修理いたします。

修理対象製品について

弊社はApple正規サービスプロバイダです。修理はApple社から提供された純正部品のみ使用して行います。従ってApple社から部品の提供が終了した製品に対しては修理は行えませんのでご了承ください。現在修理可能な製品は以下のとおりです。

デスクトップ

  • iMac (Late 2012以降)
  • Mac mini (Late 2012以降)
  • Mac Pro (Mid 2012以降)

ノート

  • MacBook (Early 2015以降)
  • MacBook Pro (Mid 2012以降)
  • MacBook Air (Mid 2013以降)

その他

  • LED Cinema Display 27inch
  • Thunderbolt Display
  • AirMac Time Capsule 802.11ac

修理方法について

センドバック・持込み修理

センドバック・持込み修理は、下記のApple認定拠点で受付いたします。

拠点 電話番号 営業時間
札幌 011-218-1117 10:00~18:00
東京 03-5639-2231 10:00~18:00
名古屋 052-202-7021 10:00~18:00
大阪 06-6920-2625 10:00~18:00
福岡 092-406-9177 10:00~18:00

オンサイト(出張)修理

デスクトップ・サーバ製品のみオンサイト(出張)で修理サービスをご提供します。オンサイト可能地区については別途ご相談ください。

料金について

有償修理の修理料金は部品料のほか、下記の技術料、オンサイト修理の場合は出張料がかかります。
オンサイト可能地区は別途ご相談願います。(下記料金は全て税別です)


技術料

デスクトップ

センドバック・持込み修理
15,000円
オンサイト修理
25,000円(2時間まで)
7,500円(30分経過ごとに加算)

サーバ

センドバック・持込み修理
25,000円
オンサイト修理
25,000円(2時間まで)
7,500円(30分経過ごとに加算)

ノート

センドバック・持込み修理
15,000円

その他

センドバック・持込み修理
10,000円

出張料

拠点からの距離 出張料
30km以内 7,000円
50km以内 10,000円
100km以内 20,000円

離島や100km以上の出張料についてはご相談ください。

サービスの流れ

  • 弊社にて修理した製品には、90日間の修理保証がついております。修理保証の範囲は製品全体ではなく、弊社で修理させていただきました同一部品に対する保証といたします。
  • 後日修理いただいたお客様へAppleよりサービスについてのアンケートがメールにて送付される場合がございます。アンケートは弊社のサービス品質の向上に役立てられますので、お手数をお掛けいたしますが何卒ご協力のほどよろしくお願いいたします。

1お申し込み

メールでお問い合わせの場合

お問い合わせフォームに必要事項を記入し送信してください。 弊社コールセンターで確認後、修理の可否・作業の流れ・見積概算・最寄りの弊社Apple認定拠点を お電話またはメールにて折り返しご案内いたします。

お電話でお問い合わせの場合

弊社コールセンターにお電話ください。 不具合内容等ご希望をお伺いした後、修理の可否・作業の流れ・見積概算をご案内いたします。

0120-553-858

9:00~17:00(土・日・祝を除く)

ご希望の修理方法をお選びください

  • お持ち込み
  • センドバック
  • オンサイト
2お預かり
お客様の製品を最寄りの弊社Apple認定拠点へお持込みください。
3診断・お見積
弊社にてお預かりしたお客様の製品の各部診断を行い、故障箇所を特定した後、お客様へご連絡いたします。
有償修理の場合は、ここでお見積金額のご案内をさせていただきます。
お見積内容をご確認後、修理を行うかご連絡ください。
(お申込み時に指定された修理限度額を超えない場合はそのまま修理を進行します)

修理キャンセルの場合
診断料として3,000~7,000円(税別)をご請求させていただきます。⇒「お渡し・お支払い」へ
4作業進行
修理進行との連絡を受けた後、お預かりしたお客様の製品を修理いたします。
5作業完了のご連絡
修理作業が終わりましたら、修理結果のご報告、処置内容のご説明、
お客様の製品の引取日をご連絡いたします。
6お渡し・お支払い
お持込みされた弊社Apple認定拠点にお越しいただき、お客様の製品をお受け取りください。
費用は弊社Apple認定拠点にて現金でお支払いください。
7アンケートにご協力ください
サービス完了後、1週間以内に「弊社のサービスに関するアンケート」がApple社よりメール配信される場合がございますので、ご回答をいただけますようよろしくお願い申し上げます。
2お預かり
お客様の製品を弊社コールセンターからご案内した最寄りの弊社Apple認定拠点へ宅配便にてお送りください。送料はお客様のご負担でお願いいたします。
3診断・お見積
弊社にてお預かりしたお客様の製品の各部診断を行い、故障箇所を特定した後、お客様へご連絡いたします。
有償修理の場合は、ここでお見積金額のご案内をさせていただきます。
お見積内容をご確認後、修理を行うかご連絡ください。
(お申込み時に指定された修理限度額を超えない場合はそのまま修理を進行します)

修理キャンセルの場合
診断料として3,000~7,000円(税別)をご請求させていただきます。⇒「お渡し・お支払い」へ
4作業進行
修理進行との連絡を受けた後、お預かりしたお客様の製品を修理いたします。
5作業完了のご連絡
修理作業が終わりましたら、修理結果のご報告、処置内容のご説明、
お客様の製品の返送日をご連絡いたします。
6お渡し・お支払い
費用は銀行振り込みでお支払いください。
入金を確認後、お客様の製品を返送いたします。
弊社からお客様の配達にかかる送料は弊社負担とします。
7アンケートにご協力ください
サービス完了後、1週間以内に「弊社のサービスに関するアンケート」がApple社よりメール配信される場合がございますので、ご回答をいただけますようよろしくお願い申し上げます。
2オンサイトサービスの受付
対応可能の場合は、改めて弊社のApple認定拠点からご訪問についてご連絡いたします。
3訪問・作業
弊社のエンジニアが訪問し作業を行います。
4お支払い
作業が終わりましたら、費用を現金でお支払いください。 無償修理の場合でも、出張料金をご請求させていただきます。
5アンケートにご協力ください
サービス完了後、1週間以内に「弊社のサービスに関するアンケート」がApple社よりメール配信される場合がございますので、ご回答をいただけますようよろしくお願い申し上げます。

修理をご依頼の前に必ずお読みください

  • 修理を依頼される前にお客様側でバックアップを行って頂きますようお願いいたします。弊社では、お客様のデータのバックアップサービスは行いません。
  • 保守対象モデルは、日本国内でApple社が正規サービスプロバイダへパーツ供給可能なモデルと致します。
  • 修理用交換パーツは取り寄せになる為、お持ち込み当日の修理のご依頼対応は出来かねます。
  • バッテリー消耗障害の場合、メーカー保証規定に準じてバッテリー診断を行います。診断結果によっては保証期間内でも有償修理となる場合があります。
  • 修理後の保証期間は、修理保証90日または保証期間の残り日数との長い方が適用されます。
  • 修理費用のお支払いは現金でお願いいたします。
  • お預かりした後に修理をキャンセルされる場合は、診断料として3,000~7,000円(税別)が発生します。
  • 保証外修理の場合の修理料金は、予告なく価格変更になる場合がございます。
  • 保守終了時期(パーツ供給時期)については、メーカー発表に準ずるものとし、契約期間内にパーツ供給期限となった場合は同等品交換対応となります。

以下の場合はハードウェア保証の対象になりません

  • バッテリーまたは経年劣化する保護用コーティング等の消耗品の場合。ただし損害が材質上または製造上の瑕疵により生じた場合はこの限りではありません。
  • 表面的な損傷の場合。なおこれには、かすり傷、へこみ、ポートのプラスチックの欠損を含むものとしますが、これに限りません。
  • 別の製品とともに使用することによって生じる損害の場合。
  • 事故、乱用、誤使用、液体接触、火事、地震または他の外的原因による損害の場合。
  • Appleの発行するガイドラインに定める以外の方法でApple製品を作動させたことにより生じる損害の場合。
  • Appleの担当者またはApple正規サービスプロバイダ以外の者が履行したサービス(アップグレードや拡張を含みます)によって生じる損害の場合。
  • Appleの書面による許可なく機能性もしくは性能を変更するためにApple製品が改造された場合。
  • 自然損耗やその他Apple製品の経年劣化による瑕疵の場合。
  • Apple製品からシリアル番号が剥がされたり汚損されたりしている場合。
arrow_left arrow_right