社長メッセージ

ウチダエスコへの入社を
考えている皆さんへ

代表取締役社長江口 英則

ウチダエスコの歴史

ウチダエスコ株式会社の前身は1970年に事務機械のサービス会社として株式会社内田洋行と合弁で設立したウチダサービス株式会社と、1972年に同じく株式会社内田洋行と合弁で設立したシステム開発会社の株式会社ウチダ・コンピュータエンジニアリングの2社です。

1987年に両社が対等合併し、ウチダエスコ株式会社となりました。
ウチダエスコのESCOは、エンジニアリング(E)サービス(S)カンパニー(CO)という意味合いで命名いたしました。

ウチダエスコ発足パーティーの様子

その後は、現在に至るまでコンピュータ技術やネットワーク技術の発展に伴い、コンピュータの修理や保守といった「トータル保守サービス」、ネットワーク環境を構築する「ネットワーク総合サービス」、システム開発や導入サポートを行う「ソリューションサービス」、オフィス空間の構築やオフィスサプライ用品の販売を行う「オフィスシステムサービス」の4つのサービスメニューをワンストップでお客様に提供するITサービス会社として成長してきました。

成長の歴史においては、国産の富士通だけではなく、アップルや現在の日本HPにつながるコンパックパソコンへの取組みをはじめ、マルチベンダービジネスの先駆け的存在となりました。最近では、マイクロソフトのSurfaceや国産パソコンVAIOのオンサイト保守を担当するなど、当社のマルチベンダーサービスの歴史は更に進展しています。

1998年には日本証券協会に株式を店頭登録し、2010年にはジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い大阪証券取引所JASDAC市場に上場しました。その後、2013年には現物市場の東京証券取引所への統合に伴い、東京証券取引所JASDAC上場となりました。

学校市場への取組み

株式会社内田洋行は教育機関向けICT環境構築のビジネスにいち早く取り組みはじめた会社です。ウチダエスコは内田洋行が推進するこのビジネスのエンジアリングサービスを担当する会社として、得意とするマルチベンダーサービスや学校向けヘルプデスクサービスなどを提供してきました。

教育機関向けのICT環境を構築

ICT機器のライフサイクルマネジメントサービス

ウチダエスコが保有しているヘルプデスクセンターの機能、大量のパソコンにソフトウェアを設定するキッティングセンターの機能、全国各地の拠点で働くエンジニアが提供する機能などを連携して、お客さまが利用されているパソコンを中心としたICT機器のライフサイクルマネジメントサービスを展開しています。

PCの初期設定を事前に行います

「働く場」「学ぶ場」へ「心のこもったおもてなし」を提供し、社会に貢献する

ウチダエスコの企業理念(企業価値)は、「「働く場」「学ぶ場」へ「心のこもったおもてなし」を提供し、社会に貢献する」と定義しています。
目立たない黒子的存在かもしれませんが、民間企業、教育機関、公共機関、福祉施設などの「働く場や学ぶ場」に、商品・技術・サービスを心のこもったおもてなしで提供し、社会に貢献する重要な仕事を生業(なりわい)としています。

お客様向けにシステムのセミナーを開催

お客さまと働く仲間を幸せにする

ウチダエスコの経営理念(目的・ビジョン)は、「お客さまと働く仲間を幸せにする」です。
ウチダエスコの経営目的は、お客さまと、社員と、いっしょに仕事をしているステークホルダーの皆さんの幸せです。
ウチダエスコで働いている社員が、家族や親戚や友人からも、仕事の能力だけではなく、人間的にも成長したねと感じていただけるような会社にしたいです。

社員会主催パーティーの様子

社員の成長

ウチダエスコがお客さまに提供するのは商品やサービスですが、ご利用いただくお客さまの体験価値を大事にしていくことを重点基本方針としています。「心のこもったおもなし」で商品やサービスを提供し、快適な利用環境づくりのお役に立てる会社としての成長を目指します。

そのプロセスにおいて、社員に期待していることは、提供する商品や技術に興味を持つだけではなく、人(お客さま、働く仲間)に興味を持つことです。

社員には「三つの心と三つの力」を磨いてほしいと伝えています。
三つの心とは、好奇心、向上心、利他心です。
三つの力とは、把握する力、考える力、伝える力です。

ウチダエスコの経営においては、人材育成を第一義に考えています。社員が成長することで、仕事の品質が改善します。仕事の品質改善が顧客体験価値を創造し、社会に貢献することができます。その結果として、会社は売上や利益という業績を確保することができます。

すべての始まりは「人材育成」と考えています。

仕事には常に目的があります。その目的を果たすための手段が目の前のひとつひとつの作業です。手段が目的化すると本来の目的を見失う危険性が常にあります。仕事の目的を深く考え、目的指向で仕事に取り組む人材を育てます。

オープンな風土づくり、積極的な自己開示を応援

長い学校生活を終えた新卒の皆さん、他社でキャリアを磨いた皆さん、それぞれの個人の歴史にウチダエスコで働くという新たなページを加えようとしている皆さんに期待していることは、積極的な自己開示の姿勢です。いろいろな経験を経てきた皆さんの視点での異論や多様な意見をあたたかく受け止めるオープンなウチダエスコの風土をつくっていきたいと思います。

私たちの仕事は、常にお客さまや働く仲間とのコミュニケーションで成り立っています。
把握した事実だけでなく、自分自身の解釈や判断をありのまま他の人に伝える積極的な自己開示を応援します。

ウチダエスコの仕事を通じて、自分自身の成長と自己実現に取り組み、社会に貢献する新しい仲間を待っています。