こんな人が活躍しています – ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニア

S.Yさん(2015年入社)
ネットワークエンジニアリング事業部
NE部 NE3課

入念な準備が、持ちうる技術への自信になる

入社以来、ネットワークエンジニアとして自治体のネットワーク環境を構築する仕事に携わっています。
ユーザー管理の機能やメール環境、セキュリティ面に関するシステム構築が中心で、主に自治体の情報担当者とのやりとりを通して仕事を進めていきます。
また、既にシステムを導入しているお客様からの問い合わせや操作方法に関する質問、悩み相談などへの対応も大切な仕事です。

日々心がけているのは、打ち合わせや作業などの事前準備を入念に行うこと。
たとえば、作業手順を項目ごとに分けて、SEなどの作業者が理解しやすいようテキストで順序化しています。
それによって精神的に余裕を持って仕事に取り組めますし、作業中のトラブル時などに「やっておけばよかった」と後悔するケースが少なくなるのです。
私自身、入社当初に準備不足が原因で苦い経験をしたことがあるのですが、徐々に仕事のことを理解し始めてきた今だからこそ、より事前準備の大切さを実感しています。

とはいえ、お客様によって要望や環境が全て異なる中で、想定通りに作業が進むことはほとんどありません。
何度もトライ&エラーの繰り返しです。
それでも諦めずに取り組めるのは、苦労を上回るやりがいがあるから。
仲間と力を合わせて最善の環境を構築していくことに、面白さを感じています。

(インタビュー:2018年)

ある一日のスケジュール

8:30 出社
9:30 お客様先
ユーザー環境の調査・保守対応
12:00 昼食
午後に備えるためにしっかり休息
13:30 お客様先
営業担当と合流。調査を踏まえ、今後の対応を打ち合わせ
14:30 帰社
15:00
その日の事務処理・作業報告書
16:00 ヘルプデスク対応
18:00 退社
※1週間に一度くらいの頻度で残業することも