Mac OS X Server 学内認証システム構築

統一認証システムの導入でユーザ管理の一元化や
ユーザのシームレスな運用環境を実現

お客様概要

 「人間の創造活動の根源を培う美術教育こそ本来の教育の姿である。」という建学の理念に基づき、美術・デザインの専門的な表現技術や理論的な知識、そして学士課程を修めた人間にふさわしい教養を身につけた、社会に貢献できる人材の育成を目指している美術大学様です。

導入前の課題

従来のインフラは教室毎の管理のため、ユーザ管理やユーザのデータ利用が煩雑かつ不便であった。

  • ログインID・パスワードが教室毎に異なるため、個人での管理が煩雑になっていた。
  • 個人データの管理も教室毎のため、他の教室へはUSB等の媒体で持ち出す必要があった。
導入サービスの概要 case_1002_3.jpg
導入のポイント
ユーザ管理の一元化
"Open Directory"によるユーザの一元化を実現しました。同時に"外部アカウント"による外部メディアをログインユーザのホーム領域とすることで、どの教室からも自分のデータを利用できるシームレス化を実現しました。
冗長化、安全なサーバ運用
システム構成面では、XserveにSSDとHDDを搭載し、SSDにOSをインストール。HDDはTime Machine領域として利用しています。ネットワークカードを追加搭載し、Bond化を図る事で通信の高速化と冗長性が確保されました。
また、認証サーバの他に認証サーバの複製を配置し、障害時のダウンタイムを削減しております。
なお、Active-Activeで冗長化構成されたストレージユニット"Active Storage XRAID"の採用によるミッションクリティカルなストレージ環境を実現しました。
導入サービスの効果

管理面では、
 ①認証ユーザの一元管理化
 ②教室毎の環境設定の一元管理化
 ③アップル・リモート・デスクトップを利用した教室運用管理
により、教職員を含む全学でのインフラ・機器・環境の一元化管理と管理作業の簡易化が実現できました。